笑顔

高校受験・大学受験なら

文房具

北海道に関しては、高校受験までは北海道内に展開している進学塾が強いです。ですが、大学受験となると、大手の予備校が強く、ですが、大手であると中心部以外で受験勉強をするとなると、サテライト形式での授業になってしまうということが多いです。

詳細を確認する...

医学部進学を目指すなら

予備校選びは

看護師と医者

福岡県をはじめとする九州周辺には多数の医学部予備校が存在しています。その数に関しては全国トップレベルであり、医学部合格者数もとても多いです。福岡県内の医学部予備校に関しては、浪人生を対象とした全寮制の医学部予備校が多数あり、全国各地から医学部合格を目指す浪人生が福岡に集まっています。合格者に関しては、九州内であると九州大学や鹿児島大学、私立であると福岡大学や久留米大学に多くの合格者を輩出しています。このように九州の大学を中心とした国公立大学を目標としている人が多く、滑り止めに私立という人が多いです。国公立医学部は難易度の高いことで有名であり、浪人するのはあたり前といわれていますが、医学部予備校であると、誘惑のない環境で医学部受験に向けた勉強に取り組むことができます。

現役生は

それでは現役の高校生が医学部受験を目指す場合はどのような予備校を選べばよいのでしょうか。これに関しては、高校2年生までの段階であると確実に進路が決まっていないことが多く、まだあいまいな段階であるのであれば、医学部進学コースのある予備校を選ぶことをおススメします。このようなコースが用意されているのは大手の予備校に多く、それ以外の大学進学に関してもしっかりサポートをしてくれるので安心です。高校3年生になると、進路がほぼ確定し始めますが、医学部予備校であるとあまり高校3年生の募集をしていることは少ないです。そのため、一般コースに参加することは難しいのですが、夏期講習や冬期講習などは受けることができるので、普段は通常の予備校で勉強し、そのような期間だけ医学部予備校で講習を受けることをおススメします。

成功のポイントは塾選び

生徒と先生

学校の勉強だけでは合格が難しい中学受験という世界において、塾選びはとても重要です。同じような合格実績を出す塾でもその雰囲気は様々です。子供は周囲の空気に影響されやすいものですから、塾選びは子供の性格に合ったものにしなければなりません。そのためにもまずは実際に目で見ることをおすすめします。

詳細を確認する...

学校以外での学習

先生

塾に通うことで、北九州などの学校に進学をするときにどのような受験勉強をすればいいのかなどを教えてもらうことができますし、体験入塾などでどのような授業の雰囲気なのかなどを知ることもできます。

詳細を確認する...